welcome

 


LOGO


ライン

 

ハートコンタクトレンズVSメガネハート

メガネにはメガネの特徴、コンタクトにはコンタクトの特徴がありますよね。眼の状態や生活環境に合わせて使い分けましょう。わたしの場合、職場やお出かけの時にはコンタクト、家や休日はメガネ・・・と使い分けています。メガネ派の人もコンタクト派の人もそれぞれの良い点・悪い点を理解することが大切ですよね。企業にしてもそう。どういう企業がいいのか・悪いのかを知るために会社設立.comを見るのと同じなんです。

コンタクトレンズの長所

光学的に優れていること
近視が特に強いなどと言った人には、どうしてもメガネのレンズが分厚くなってしまい物の見え方が不安定になってしまいます。その反面コンタクトレンズなら目に密着した状態なので安定したままの状態で見ることが出来ます。

視野が広い
メガネの場合はどうしてもフレームに邪魔されて視野が狭かったり後ろを振り向いて見ようとしても見えにくかったりしてしまいます。その反面コンタクトレンズなら視界も広く見やすいでしょう。

不整乱視を矯正できる
通常、眼鏡では絶対に矯正できない不整乱視があってもハードコンタクトレンズなら矯正することが簡単にできます。

度数の変更が可能
メガネ同様にコンタクトレンズも変動する視力に合わせて度数を変えることが自由に出来ます。

メガネの長所

安全性が高い
メガネはコンタクトレンズと比較してトラブルが少なく目にもとても安心です。

コンタクトレンズ同様にメガネも変動する視力に合わせて度数を変えることが自由に出来ます。

コンタクトレンズの短所

眼障害の危険性がメガネより何倍も高い
メガネとは違って目に直接装着するので、使用方法や度数が合っていないと眼病の原因になりかねませ。

レンズケアが必要
コンタクトレンズに付着したタンパク質などの汚れを落とすためにも毎日のケアが欠かせません。(1日使い捨てタイプ以外)

コンタクトは使用不可の人もいる
メガネとは違ってコンタクトレンズは合わない人やアレルギーなどがある人は使用できないことも少なくありません。もちろん、小さなお子様にも使用することは出来ません。

メガネの短所

見た目的なイメージ
コンタクトレンズの場合見た目は全く変化がありませんよね。しかしメガネは似合う似合わないがどうしてもあります。

度数に限界がある
コンタクトと違って眼鏡の場合、レンズの度数をあげてしまうと、見え方に違和感が生じてしまいます。

不同視には不向き
左右の視力が大きく違ってしまう場合でもコンタクトレンズなら違和感なく度数を合わせる事が可能ですが、メガネだと困難になってしまいます。

 

 

Copyright (C) 2008 eyes check. All Rights Reserved.