welcome

 


LOGO


ライン

 

 

 コンタクトレンズの種類・特徴 ハート

ダサダサめがねを卒業して、コンタクトにしたい!と思いの方!コンタクトレンズは、それぞれのライフスタイルや目の状態に合った種類のレンズを選ぶことが一番なんです。こちらではあなたにぴったりのコンタクトレンズを選んでいただくために種類の違いによる特長や、使用方法等をご紹介します。

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは黒目よりもやや小さめの9mmの大きさで硬いタイプのコンタクトレンズのことです。材質上まばたきによってレンズが上下にずれることがあるために、異物感を感じたりゴミを巻き込んだりすることも少なくありません。しかし、言い換えればゴミが入るとすぐに気付くと言うことで、重い眼病に発展することはめったにありません。また、ハードコンタクトレンズは光学性能が高く、乱視の矯正にも優れています。 また、ソフトコンタクトレンズの約10倍も酸素を通しやすいことが、ハードコンタクトレンズの一番の長所でしょう。

ソフトコンタクトレンズ

ハードコンタクトよりも5mmていど大きめのサイズで黒目をすっぽりカバーするような柔らかい素材のコンタクトレンズをソフトコンタクトレンズを良います。特徴と言えばハードコンタクトレンズのようなずれが無く激しい動きをする方にもお勧めです。ただ、異物感を感じにくい為目に細かいキズを着けやすいというデメリットもあります。また、フィット感があるのは良いのですが、目に酸素が行きにくくドライアイや乾燥の原因になってしまうこと少なくありません。

乱視コンタクトレンズ

乱視を持っている人のための乱視を矯正するために作られたソフトタイプのコンタクトレンズです。 倒乱視や水晶体乱視があると、その組み合わせによって、ティアレンズがさらに乱視を強くしてしまうのです。ハードコンタクトレンズでは良い視力を得ることが出来ないことがありますが乱視のソフトコンタクトレンズがあればかなり便利でしょう。

ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの良い点・悪い点

ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ
良い点
視力矯正に優れていること

安全性が高いこと

乱視矯正が可能なこと

取り扱いが簡単なこと

耐久性があること


装用感が良いこと

初心者でも慣れやすい

激しいスポーツも可能なこと

使い捨てタイプなど種類が豊富

悪い点


慣れるまで異物感がある

外れやすいこと

ずれやすいこと

ゴミが入ると痛いこと


乱視などの矯正力効果が低い

汚れを取り込みやすい

耐久性が少し劣ってしまう

眼のトラブルに気づきにくい

 

 

 

Copyright (C) 2008 eyes check. All Rights Reserved.