welcome

 


LOGO


ライン

 

はーと 生活スタイル別コンタクトレンズのおすすめ はーと

コンタクトのトラブルを未然に防ぐために、自分の生活スタイルにあわせてコンタクトレンズを選ぶようにしたいですね。ここではそんな選び方についてご紹介していきたいと思います。

▽ナチュラルな瞳♪ロデオなどの人気カラコン!
カラコンとファッションの総合デパート♪ワンデーや度ありならお任せください!

生活スタイルが「夜」の人

生活の中心が仕事だったり、夜にお仕事をしている方はコンタクトレンズを装着している時間が自然と長くなってしまいます。そんな方は、ソフトコンタクトレンズではなく、酸素透過性のあるハードコンタクトレンズをお勧めします。また、ハードコンタクトレンズでもやはり、長時間コンタクトをしていると目には負担がありますので、夕方からはメガネに切り替えるなどといった工夫を心がけるようにしましょう。また、コンタクトレンズのタイプは一日使い捨てコンタクトレンズがお勧めでしょう。

忙しくて時間に余裕がないと言う人

メガネとは違ってコンタクトレンズを使用するとケアすることが面倒になることがあります。コンタクトレンズには目には見えないタンパク質や汚れなどがたくさん付着しています。それをそのまま付けていると目に異常が現れてしまいます。急がし人やケアするのが面倒な人はケアのいらない1日使い捨てコンタクトレンズをお勧めします。

パソコンなど目を酷使する人

パソコンを使用しているときは知らず知らずのうちに瞬きの回数が減ってしまいます。瞬きの回数が減ると目が乾燥してしまい涙が不足してしまいます。そうならないために目薬を使用したり、出来るだけ酸素透過性のあるコンタクトレンズを選ぶことが重要でしょう。やはり、パソコンを使用する際はメガネを使用することが一番目には良いのですが、どうしてもメガネが嫌なかたは1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使用することをお勧めします。

化粧品がコンタクトレンズにつきやすい人

アイメイクをバッチリする方やメイク、ファンデーションなどがコンタクトレンズに付きやすい方は、1日使い捨てのコンタクトレンズが良いでしょう。実は化粧品はコンタクトレンズに付くとなかなか落ちにくく、レンズがくもってしまう原因になってしまいます。出来るだけ化粧品がコンタクトレンズに付着しないように気を付けましょう。

スポーツをする人

スポーツをする方は、逆にメガネは危険ですよね。スポーツをする方は動きが自然と激しくなってしまいますので、ずれが生じやすいハードコンタクトレンズはあまりお勧めしません。スポーツをする人用の大きめのソフトコンタクトレンズがあります。また、海が好きな人、ダイビングをする人、水泳をしている人は、コンタクトレンズをする場合は1日使い捨てのコンタクトレンズをしてかならずゴーグルを装着するようにしましょう。

 

 

Copyright (C) 2008 eyes check. All Rights Reserved.